TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私って、語学の才能ないから…」

人を卓越させてくれるタイプの勤勉さとは一体何でしょうか?
それは、「意図的な練習」です。「意図的な練習」というのは、毎日単純にたくさんのゴルフボールを打つという勤勉さとは異なります。それは、8番アイアンを使って300回打ち、その80%は、ピンの6メートル以内に寄せるというはっきりとした目的を持って、各ボールを打った結果を常に考察、調整しながら、毎日数時間練習するというものです。(中略)そして英語コミュニケーション向上にとっても、この「意図的な練習」が最も功を奏する方法であるのは、疑いのない事実です。

ウィリアム・A・ヴァンス『ドクター・ヴァンスの英語で考えるスピーキング』ダイヤモンド社、pp.219-220

ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法
(2009/02/16)
ウィリアム A. ヴァンス

商品詳細を見る



よくある質問の一つに、「私って語学の才能がないんですけど、大丈夫でしょうか?」というものがあります。

大した英語力をもち合わせていない私としては、同時通訳といった達人レベルならまだしも

「才能なんかなくても、ちゃんと勉強してたら、最低でもTOEIC 980は行くんじゃないですかぁ」

って回答しています。

TOEIC 980というのは私のベストスコア。

本当は満点の990って言いたいところですが、まだ未知のレベルなんで。

ただ、自分でも取れたんだから、誰でもしっかり勉強(というよりトレーニング)してたら、遅かれ早かれ、絶対に達成できるスコアだと自信をもって言えます。

逆の言い方をすれば、

取れないのは、まだトレーニングが足りないから

または、

自分の努力不足を「才能」とかいった漠然とした言葉で逃げようとするから

そんな素人っぽさでうんざりする私の励ましよりも、もっと納得できる言葉がドクター・ヴァンスの冒頭のコメントです。

「意図的な練習」って、なんか聞いたことのある言葉だなぁって思ったら、ジョフ・コルバン氏の本が参考文献として載せられていました。


究極の鍛錬究極の鍛錬
(2010/04/30)
ジョフ・コルヴァン

商品詳細を見る



もっと、コルバン氏の本では、「意図的な練習」(deliberate practice)は「究極の鍛錬」と翻訳されていましたが。

どちらも、ぜひ一読を!

スポンサーサイト
コメント
才能皆無
才能が無い人は、「私は才能が無いから、その分一日10時間英語の勉強しよう!」と思わないところの才能が無いというだけのことですね。
2010/12/10(金) 03:28 | URL | りゅうすけ #hXPAwqQw[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
りゅうすけさん、コメントありがとうございます!
相変わらず、鋭いご指摘ですね!
りゅうすけさんご自身、相当な努力をされて見事目標を達成されていらっしゃいますからね。
これからもコメント、よろしくお願い致します。
2010/12/13(月) 15:47 | URL | ながみね #FYYXYIeo[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。