TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村澄子先生の新刊 『TOEIC TEST 3ヶ月で高得点を出す人の共通点』

昨日のTOEIC公開テストはいかがでしたでしょうか?

しっかり手応えを感じた人も、そうではなかった方も、次のテストに意識を切り替えて、早速スタートですね!

ところで、先日、アマゾンで予約注文していた中村澄子先生の最新刊『TOEIC TEST 3ヶ月で高得点を出す人の共通点』(祥伝社)が、今朝届きました。

TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点
(2010/01/30)
中村 澄子

商品詳細を見る


帯には

『3,600人の受験生を指導した結論です。点を出したければ、まず英語嫌いになりなさい!』

???

関心を誘わずにはいられないようなフレーズ…

でも、一読すれば、スコアアップのために必ずしも英語嫌いになる必要があるって訳ではないので注意。

だって、実際、ウチでも英語大好きって人たちが900越えしてるし。もちろん、その方々にとっては“趣味”や“楽しみ”と感じられることが、僕ら凡人には“努力”と感じちゃうってところに、大きな隔たりがあるんですけどね。

ただ、本書で述べられている「英語が大好きな人が意外に高得点を出せないのはなぜか」を読めばその理由も一理ありかなぁ。

詳しい内容については触れないほうがよいと思いますが、少なくても次のようには解釈できそうです。つまり…

“たとえ”英語嫌いでも、TOEICに対する意識と方法論さえ間違えなければハイスコア獲得は十分可能!

その他にも「TOEICを教える英語のプロが陥る罠」、「点数がなかなか伸びない教室生の共通点」、「時間のない人ほど高得点を出せる」、などなど随所に頷かされる小見出しが!

私個人としてはとくに「TOEICを教える英語のプロが陥る罠」に大いに頷かされました。

その他、「たくさんに手を出すより、一冊を『使い倒す』」に大いに同感ですね。

“Less is more” です。

一読の価値、大いにアリです!

しかも、特別音声セミナーがダウンロードできるし、かなりお得です。

お会いしたことがないので、「中村先生ってこんな声してたんだぁ…」って妙なところに感心してしまうところに自分の未熟さを痛感してしまいます…

それにしても、一度、先生のレッスンを受講してみたいです。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。