TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEICの英文を暗記してしまう Part 1

英文を暗記するぐらい、公式問題集を徹底的にやり込んでみる。

以前、当ブログでお勧めしたことですが、この英文の丸暗記を強く勧めている有識者、言語学者以外でも、は多いですよね。

こうした英文を暗記することに関してのご質問をいただきました。

私は言語学習に関する研究者ではないので、ご質問に対しては私自身の経験からの回答であることをご了承ください。

まず回数の問題ですが、暗記までに必要な回数は慣れとともに、また覚えた英文の蓄積とともに減少していくようです。

私自身もTOEFL受験の時に、問題集を“例文を暗記するぐらいやり込んでみよう!”と決心して実践してみました。

初めはやはり200回以上、もしくはそれ以上必要でした。

ただ、この回数は英文の蓄積が増えるに従い、だんだん減っていって自分でも驚くほど容易に暗記できるようになった記憶があります。

ただ、一方で暗記するにはコツがあることもわかりました。

それは、各英文をしっかり覚えてから先に進むのではなく、“とにかく何度も回すこと”です。

各英文200回×1周ではなく、各英文50×4周(=200回)です。

例えば、10の英文を覚えようとしますよね。

初めの英文を200回ぐらい音読して暗記し、次の2つ目の英文に進む…、ではなく、各英文を50回ぐらい音読して、次に進み、最後の10番目の英文を50回ぐらい音読したら、再度1番目の英文に戻る…。

このサイクルを4周する方が、覚えやすかったと思います。

問題は、しっかり暗記してから次に進もうとすると、なかなか先に進まないことでした。

なぜなら、あれほど暗記したはずの英文を忘れてしまっていることに気づき、モチベーションが続かなかったのです。

“回す”という意識でやり始めたら、暗記しようとしなくても自然と頭に残っていくようになりました。

もちろん、記憶の確認のために英文を見ないでボソボソ言ってみる、という作業は必要ですが。

とにかく回すこと!

同じ200回でも、200×1周より50×4周。

私のザル状態の貧しい記憶力でも、3週目には前回より回数は減っていて自分でも驚いた経験があります。

真新しいことではないので、もし、ご周知のようでしたら申し訳ございません。

もし、“200×1周”的なやり方でしたら、一度試していただけますか?





スポンサーサイト
コメント
こんばんは
ohitoです。こんばんは。
この度は、まるでボクのために書いていただいたような記事で恐縮しております。ですが、非常にレベルの高い方がどのようなご苦労を経験されてきたのかというようなお話は、貴重でして、ためになります。ありがとうございました。
2009/10/20(火) 19:45 | URL | ohito #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。