TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC英語は使えない?

「TOEICのスコアは高いけど話せないって人が多い」

「TOEICなんか、実際のビジネスでは使えない」

そんな意見も珍しくありません。

そんな中、TOEIC関連の著書を多く出版している中村澄子さんは「TOEICの英語はビジネスに使える」と強調しています(AERA ENGLISH, 2009年11月号)。

その理由として、中村さんは次のように述べています。

まず、近年の語彙問題がビジネス系にシフトしてきていること。
しかも、TOEIC頻出の語彙表現にはビジネスの現場で日常的に使われるような役立つ表現が多い。

次に、長文読解問題で求められる「大量の英文から必要な情報を探すスキル」が、ビジネスの現場でも要求されること。
確かに、大量の英文を丁寧にまともに読んでいては効率的に業務を処理することなんかできません。つまり「自分はどのような情報を求めているのか」を意識した情報検索能力が求められている。
英文量こそ実際のビジネス現場とは比較にはなりませんが、TOEICでもそうした読解スキルへの意識の転換は不可欠です。

最後に、これがもっとも重要な点だと思われるのですが、最近のTOEICはテストテクニックだけでは通用しないテストになってきていること。
このことはPart2の応答問題にも現れていて、中村さんは「自然な会話の流れを意識しないと解けない問題が増えてきた」と強調しています。
確かに旧方式から新方式に変わった初期と比べると、現在のテストには単純な問題って少なくなってきています。

中村さんによれば、「・・・TOEIC対策をしても無駄にならないから、ぜひやってください」とのこと。

同感です。

TOEICは良くも悪くも各方面で受験を求められていることの多くなったテストです。

日本での受験者数は172万人(2008年度)。10年前に比べると2倍近く増えているそうです。

重要なことは、TOEIC対策を通して、英語の運用能力を高める努力を自分でいかに意識的に行っていくか。

公式問題集1冊を例にとっても、問題を解くだけに終始するのではなく、文章の習熟を意識的に行ってみること。

問題を解いて、「解けた」「解けなかった」で一喜一憂して終わりではあまりにももったいない。

とにかく会話例や日常英語の例文の量は下手な会話テキストよりはるかに多い!

しかも、ETSというアメリカのテスト機関が作成した英文なので、受験参考書によく見られるような可笑しな英語は無いみたいだし、むしろ実際に使える気の利いた自然な表現が満載です!

必要であれば、スピーチのスクリプトなどを暗記してしまうと、予想以上に自分でも言い換えが利くし、気の利いた表現を覚えることができます。

実は、私自身も公式問題集に出てきた英文のいくつかを丸暗記し、飲み会や電話などといった実際の場面で使うといった経験をよくしています。

あまり考えることなく、すらすらと口から英語が出てくる。しかも何分間も一人で喋りっ放し!

これは決して悪くない経験だと思うのですが(笑)

スポンサーサイト
コメント
こんばんは
ohitoです、こんばんは。
わたしは今公式問題集のパート4の英文を音読して暗唱しようとしています。すでに2つのトピックをおぼえましたが、どちらも200回音読しました。何も考えないでもスッと英語がでてくるくらいまで行くにはそのくらいの回数が、今のわたしには必要です。この回数は、上達すると減少するものでしょうか?教えてください。
2009/10/19(月) 21:36 | URL | ohito #-[ 編集]
ohitoさん、おはようございます!
ご質問、ありがとうございます!

ohitoさんからのご質問は、私どもがよく受講生の皆さまから受ける質問ですので、新しい投稿記事をご参照いただければ幸いです。

今後ともよろしくお願い致します!

> ohitoです、こんばんは。
> わたしは今公式問題集のパート4の英文を音読して暗唱しようとしています。すでに2つのトピックをおぼえましたが、どちらも200回音読しました。何も考えないでもスッと英語がでてくるくらいまで行くにはそのくらいの回数が、今のわたしには必要です。この回数は、上達すると減少するものでしょうか?教えてください。

2009/10/20(火) 09:06 | URL | Creden Staffs #-[ 編集]
それにしても200回連続とは…
ohitoさんのブログ、拝見させていただきました。
それにしても、200回連続の音読を続けていらっしゃるとは・・・
私の場合、意識して行ったわけではないのですが、気が付いたら“正”の文字がいっぱいついていて結果として200回以上というのはありましたけど。
初めは何とか頑張っていましたが、間もなく挫折してしまいました。
ただただ、頭が下がる思いです。

様々な方法があると思いますので、連続200回以上の音読効果、本当に興味深いです。

がんばってください!

ご報告、お待ちしております。
2009/10/20(火) 12:56 | URL | Creden Staffs #FYYXYIeo[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。