TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どん底からの再出発

卒業後は日本へ帰国し就職するも、2年後再度ニュージーランドへ渡り、ツアーガイドや通訳の仕事を6年間やりました。

ここでも英語にはほとほと苦労しました・・・。

簡単な通訳などは問題なかったのですが、どんどん難易度の高い通訳(医療、保険、政治など)を任されるようになり、自分の英語力の中途半端さをあらためて痛感、この時点で初めて一から英語を勉強しようと決意しました。

生まれて初めて最後まで文法書、単語集などをやり遂げ、今まで中途半端だった知識が確実なものに変わっていった気がしたのですが・・・勉強を始めて数ヶ月後、ブロークンながらも話せていた英語が全く話せなくなりました。

今でも原因ははっきりわかりませんが、話す前に頭で色々考えるようになってしまい、口から言葉が出てこないような状態でした。

さらに悪いことに、憶えたと思った単語は半分以上忘れていて、憶えている単語も全然実用的ではなく、会話の場面などでは全く使えませんでした・・・。

相当ショックを受けましたが、一度勉強をやめて、何がいけなかったのかを分析し、一から勉強計画を練り直すことにしました。

英語ができるようになった人の話を聞いたり、英語勉強法に関する本を読んだり、インターネットで情報を集めたりして、自分なりの勉強法を模索する毎日でした。

その苦労の甲斐あって、1ヶ月後、英語ができるようになった人達のある共通点に気づくことができました。

その共通点とは、皆英語脳を持ってることです。

その後英語脳習得に向け、自分なりに確立した勉強法をコツコツ実践したところ、やればやるほど身についていくのが実感でき、半年後には飛躍的に英語力を伸ばすことに成功しました。

その後、住み慣れたニュージーランドを離れ、日本に帰国することになったのですが、日本で通用する資格が全くなかったため、再就職で少しでも活かせるようにとTOEICを初めて受けました。

TOEIC対策の勉強は特にしなかったのですが、それでも何とか920点を獲得することができました。

テクニックに頼らず、初めてのテストで920点を取れたことで、自分のやってきた勉強法に自信が持てた瞬間でした。

今後この場を借りて、私の英語力が飛躍的に伸びる要因となった勉強法について、少しずつ紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。