TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「時間ができたらやろうかな」という方へ

吉田穂波 『「時間がない」から、なんでもできる!』

「時間がない」から、なんでもできる!「時間がない」から、なんでもできる!
(2013/08/12)
吉田穂波

商品詳細を見る


オススメです!

留学を決意してから願書締め切りまでわずか半年。

医師としての仕事と家事・育児に日々追われながらハーバード留学を実現!

このストーリーだけでも興味深いのですが、残念ながら、「わずか半年で、○○点!」といった対策本とは主旨が異なります。

早朝3時起床で6時までTOEFLやGREなど留学のための勉強を行ったエピソードなど、覚悟がなければ真似できません。

ただ、本書には時間に対する解釈を変えるきっかけになりそうなヒントを数多く得ることができます。

いくつか挙げると、

(留学の実現は)「リミットがあったからこそ、できたのだと」

「『or』ではなく『and』で考える」

「複数のやりたいことを同時並行でうまく進めるコツは、混沌を覚悟すること」

「時間ができてから始めるのではない。始めると、時間が生まれる」

「中途半端でもかまわない、と開き直る」

などなど・・・

本の前半だけでも、とにかく時間の制約に囚われず、具体的な一歩を踏み出そうかという動機を刺激されるような内容です。

明日から始まる三連休に読んで、連休明けから具体的な一歩を踏み出す、というのはどうでしょうか?

「連休明け」といった時点ですでに甘い?




私自身、普段、何だかんだ偉そうに言ってますが、言い訳しながら何かと先延ばし続けてきた人生でした。

留学にしても、志したのは20歳。そして、実現は32歳。

「無理せず来年ごろにでも」という甘えの連続で、その当然の結果として、実現が非常に遅れた、という苦い思い出があります。

今でも、「よっしゃっ!」と刺激されても、明日には元通り、なんてことが続いています。

とにかく、具体的な一歩を踏み出すことができるか…

ホント、それだけですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。