TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講師の英語力自体は感染しない

「先生になりたい人は、子供の時に逆上がりができなかったような人がいいのよ」
河合薫『上司と部下の「最終決戦」』

英語講師の資質としても言えることじゃないかと思います。

あくまで私の個人的な経験ですけど、受講者に支持されるような講師って、以前は英語に強いコンプレックスをもっていたような人が多いような気がします。

「どのようにマスターしたか?」よりも「どのように克服したか?」という経験が受講者にとって役に立つんでしょうね。

逆に「私は英語をマスターするのに苦労はしなかった」という人は、ご自身の英語力はすばらしいのですが教えるとなると「??」だったり…

講師の英語力自体は受講する人に感染するわけじゃないですしねぇ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。