TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日バングラディッシュ人とスリランカ人からの温かい支援

高木です。

連日、被災地への支援活動に関するニュースが報じられています。

私の義父母も被災者として避難生活を続けているので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです

今日はJapan TimesのHPに掲載されていた、神奈川県在住のバングラディッシュ人とスリランカ人グループによる被災者支援の活動を紹介します。

以下、一部抜粋とその日本語訳です。

SAGAMIHARA, Kanagawa Pref. — A group of Bangladeshis and Sri Lankans living in Kanagawa Prefecture has been providing warm bowls of Bangladesh curry since Monday to quake and tsunami survivors in Kesennuma, Miyagi Prefecture

神奈川県相模原市に住むバングラディッシュ人とスリランカ人のグループが、先週月曜から宮城県気仙沼市の被災者へ温かいバングラディッシュカレーを提供している。

"Most people only had miso soup as something warm to eat, so we're glad that they were able to eat warm curry," said Suma Sakura, who runs a curry restaurant in the Asakusa district in Taito Ward, Tokyo.

「殆どの人が温かいものは味噌汁しか食べていないので、温かいカレーを食べてもらえてうれしいです」と、東京都台東区の浅草で、カレー専門店を経営するSuma Sakura氏は言った。

"Japan is a good friend to Bangladesh, and Japanese have always supported us when help was in need. And now, I wanted to do my part to support Japanese,” Sakura said.

「日本はバングラディッシュの友好国ですし、日本人はいつも助けが必要な時に、我々を支援してきてくれました。そして今、私は日本人を支援するために、自分の役割を果たしたかった」とSakura氏は言った。

Thursday, March 24, 2011 By SETSUKO KAMIYA Staff writer

こういった海外からの被災者支援のニュースを聞くたびに、日本の「義理人情」みたいなものが外国にもあるんだなぁ・・・と思いつつ、感謝している次第です。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。