TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Someday my dream will come" ?

Someday?
“Someday my dream will come”?

One night you’ll wake up,
and you’ll discover it never happened.

It’s all turned around on you.
It never will. Suddenly you are old.

Didn’t happen.
And it never will, because you were never gonna do it anyway.

You’ll push it into memory,
then zone out in your Barcalounger,
being hypnotized by daytime TV for the rest of your life.


映画『コラテラル』で殺し屋ヴィンセント(トム・クルーズ)が、“いつか”リムジン会社をもちたいという夢を語るマックス(ジェイミー・フォックス)に言ったセリフ。

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2005/03/04)
トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス 他

商品詳細を見る


以下、日本語訳もそのまま紹介するとですねぇ…

“いつか夢がかなう”と?

ある夜 目を覚まして気付く
夢はかなうことなく
自分が老いたことを

お前は本気でやろうとしてない

記憶のかなたに夢を押しやり―
昼間からボーッと
テレビを見続ける



zone out とは「ボーッとする」という意味。

Stop zoning out! 「ボーッとするな!」とか、

zone out in front of the TV 「テレビの前でボーッとする」

なんて表現は覚えておいてもソンはありませんよね。

Barcalounger(カタカナではバーカラウンジャー)とは、米バーカラウンジャー社の高級リクライニングチェアやソファのこと。

そういえば、海外ドラマ「フレンズ」で、ジョーイとチャンドラーがこの大きな椅子にでんと座ってピザなどを食べながらテレビの前でくつろいでいる姿がよく出ていました。

良く言えば、アメリカ人男性のリラックスタイムのひとつの形態らしい。

でも、ある人に言わせれば、ネガティブな印象を与える言葉でもあるそうな…

ダラーっとした、緊張感もない男性の姿とダブってしまうそうです。

トム・クルーズが扮する殺し屋ヴィンセントの辛辣なセリフでは後者のニュアンスですね。

そして、hypnotize とは、「催眠をかける」といった意味。

ヴィンセントのセリフを直訳すれば、

「昼間のテレビに催眠をかけられる(あるいは、うっとりさせられる)」

といった意味になります。

それにしても、翻訳が上手い!

プロの仕事は違う!

何の行動も起こそうとせず、ただ“いつかきっと…”なんてボーっと夢ばかり見ていても叶う訳ないだろっ!

ってメッセージなんでしょうね。

セリフが痛すぎる…

特にファンだという訳ではありませんが、トム・クルーズの映画は大好きです。

「ザ・エージェント」や「ザ・ファーム」、そしてこの「コラテラル」には下手な自己啓発本より刺激を受けることが多い。

ただなぁ~んも考える必要もなく楽しむだけの映画だったなぁ、と思った「Knight&Day」も最後のエンディング曲には痺れた!

「MI」とか「宇宙戦争」は別としてね…



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。