TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収が高い人ほど・・・

勉強しなければ…

でも、仕事が忙しくてなかなか時間がとれない…

そんな方々に、ぜひ読んでいただきたい記事です。

「勉強時間をあらかじめスケジュールに組み込んでいる人の割合は、年収500万円台で32.5%にすぎなかったが、1500万円台は48.9%」

「高年収層には朝時間を活用している人が少なくない。始業前に勉強する人の割合は、年収500万円台が約6人に1人なのに対して、1500万円台は約3人に1人だった」

どうやって勉強時間を確保するか?
PRESIDENT Online

当校でも、早朝クラスで学んだ方々の多くが好条件で転職したり、レベルの高い大学に進学しています。

一日を有効に使おうと考えれば、やはり朝が一番ではないかと実感しています。

季節的に寒いし、キツイのは確かですが、思い切って始めてみましょう!

絶対に損はありません。



スポンサーサイト

「時間ができたらやろうかな」という方へ

吉田穂波 『「時間がない」から、なんでもできる!』

「時間がない」から、なんでもできる!「時間がない」から、なんでもできる!
(2013/08/12)
吉田穂波

商品詳細を見る


オススメです!

留学を決意してから願書締め切りまでわずか半年。

医師としての仕事と家事・育児に日々追われながらハーバード留学を実現!

このストーリーだけでも興味深いのですが、残念ながら、「わずか半年で、○○点!」といった対策本とは主旨が異なります。

早朝3時起床で6時までTOEFLやGREなど留学のための勉強を行ったエピソードなど、覚悟がなければ真似できません。

ただ、本書には時間に対する解釈を変えるきっかけになりそうなヒントを数多く得ることができます。

いくつか挙げると、

(留学の実現は)「リミットがあったからこそ、できたのだと」

「『or』ではなく『and』で考える」

「複数のやりたいことを同時並行でうまく進めるコツは、混沌を覚悟すること」

「時間ができてから始めるのではない。始めると、時間が生まれる」

「中途半端でもかまわない、と開き直る」

などなど・・・

本の前半だけでも、とにかく時間の制約に囚われず、具体的な一歩を踏み出そうかという動機を刺激されるような内容です。

明日から始まる三連休に読んで、連休明けから具体的な一歩を踏み出す、というのはどうでしょうか?

「連休明け」といった時点ですでに甘い?




続きを読む

メールでよく使われる“ASAP”。場合によっては…

先日のレッスンで、よく使用される英語の略語に関する話になりました。

うち何人かの方は、取引先や海外の支店と、業務上、Eメールでやり取りする機会が多い方々です。

皆さん、私があらためて説明する必要がないぐらいかなりの知識をおもちでした。

なかでも、ASAP = as soon as possible、つまり「できるだけ早く」という略語はもっとも使用頻度の高い略語とのこと。

「メールなどのやり取りでよく使用している略語」だそうです。

その他、招待状などでよく見かける略語ですよね。

ところが、以前、私はこのASAPという略語を使用する時は状況や使う相手に注意するようにと指摘された記憶があります。

例えば、ウィリアム・A・ヴァンス博士によれば「厚かましくて自己中心的と解釈されることもある」とのこと。

博士の勧める表現としては、具体的な日時を入れる方法。例えば、

It would be great if you could send me the file by Thursday.
(木曜日までにそのファイルをお送りいただけましたら幸いです)

目上の人や取引先の方には注意した方が無難かもしれません。



ところで、ヴァンス博士による本書は、今読み返しても、その他日本人が陥りやすい英語でのミスなど、興味深く読める本です。

日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講
(2011/03/29)
ウィリアム・A・ヴァンス

商品詳細を見る


ご一読をお勧めします!




他人に差をつけるには?

「差別化するための一番いい方法は、他人が寝ているときに、たった30分でいいので朝早く起きて勉強をすることです」

古市幸雄『「朝30分」を続けなさい!-人生勝利へのスピード倍増!朝勉強のススメ』

「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)
(2010/04/01)
古市 幸雄

商品詳細を見る


2007年12月に出版された本ですが、久しぶりに読み返してみました。

本書はプロローグで、「コツコツ勉強・努力を嫌う人、実践しない人が読む本ではありません」とピシャリ。

奇跡願望を抱かせるような内容とは一線を画しています。

また、

「朝勉強の効果は15ヵ月後には現れる!」

と、はっきり述べるなど、手っ取り早く結果を得たい人には当然不向きな本です。

一方で、「・・・だけ!」、「ラクラク!」のキャッチに翻弄され続けてきた、あるいは疑い始めてきた、そんな方々にはぜひ一読をお勧めしたい一冊。

ただ、私自身の経験ですと、変化が感じられるのは3ヵ月を経たあたりからと思っています。(もちろん、感じる変化の程度は人それぞれですが)

外国語の習得はスポーツに例えられることが多いのですが、例えばウェイトトレーニングを始めて筋肉に違いを感じ始めるのも、だいたい3か月を過ぎたあたりだということも言われています。

ちょっと脱線してしまいましたね。

効果が現れる期間の認識の違いは別として、

この本のように、私自身が、早朝学習の有効性についてはもちろん、「他人に差をつけるには最低限これを続ける必要がありますよ」といった強いメッセージを発することができたら。

この本を読み返して、あらためてそんな思いを抱かされた次第です。

私自身、浮き沈みを経験しながらも、2003年から今日に至るまで、多くの方々に支えられてずっと早朝講座を提供し続けてきました。

しかし、朝勉の有効性に関する認識や継続をお手伝いできるような仕組みづくりについては、あらためて自分の甘さを痛感させられた次第です。

○ 自分を差別化するためには当たり前のことを続けることが不可欠。

○ どうせやるなら知識やスキルを効率的に吸収できる朝の時間を有効に活用すべき。

○ 朝勉を継続するための仕組みづくりとは…。

こんな感じで、早朝講座をもっと充実させるために、そのプログラムや動機づけの仕組みについて今後も改良を重ねていくつもりです。

続きを読む

2012年1月6日金曜日 早朝クラスで

Happy New Year 2012!

I wish you all the best in -----!

(空欄"----"にはご自分でご自由に入れてみてください)


って、今日はすでに6日…

むしろ、

Happy “Late” New Year!

と言うべきだったでしょうか…

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

昨年は何かと激動の年でしたが、今年2012年は平穏な年であることを強く願うと同時に、私たちとって(昨年の倍返しぐらいの)大躍進の年になるよう心からお祈り申し上げます。

と言いつつも、正直、私自身は子供とすし三昧だった休暇に未練タラタラです。

そんな自分に対する甘さと他人に対する厳しさを併せもった私ですが、今年もよろしくお願い申し上げます。


ところで、新年会もチラホラはじまっているようですね。

そんな中、昨日から再スタートの早朝クラス。

この時期、「新年会のため、明日の早朝クラスは欠席します」という方も少なくありません。

昨日、受講生のHさんから「(明日6日は)泊まり込み新年会のためお休みします」メールを受け取りました。

ところが、今朝の早朝クラスには、いつものようにHさんがニコニコと出席。

「いやぁ~、早く起きちゃったんで、ちょっと抜け出して来ちゃいました、カハハハっ」

ちょっと抜け出してって言っても、新年会の会場は当校から車で飛ばして30分以上かかる磐梯熱海という温泉街。

普通、早く起きちゃったっていっても、私だったら「せっかくだから朝風呂にでも…」って感じになりそうですが…

「あまり酒は残っていないみたいだったんで、(授業に)来れるかなって、カハハハっ」


レッスン終了後、

「それじゃ、戻りますね~。お疲れ様でした~」

と、再び車で30分以上、いや、通勤ラッシュもあるからそれ以上かかりそうな温泉街に。

(一同)「・・・」

年明け早々、Hさんに笑顔で“喝”を入れられたのは私だけじゃないようです。

プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。