TOEICスコアアップの正攻法と戦略、そしてメンタリティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログのタイトルを変更しました。

皆様、お元気でしょうか?
随分と長い間、ご無沙汰してしまい申し訳ございません。

この度、当ブログのタイトルを “Cre伝!”から “Creden Note” に変更させていただくことになりました。

理由はたくさんありますが、その一つとして、タイトルの“Cre”の部分 が、企業不動産を意味するCRE(Corporate Real Estate)と勘違いされることが多かったためです。

当校では不動産業務は行っていないので、CREと検索した方々にはご面倒をおかけしたことも多々あったかと思います。

当校クレデンシャルズはクレデンと呼ばれることが多かったことから、そのままブログのタイトルにしていたのですが、思い切って変更することにしました。

今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト

世界大学ランキング2013-14

TIMES HIGHER EDUCATION (THE) による世界大学ランキング2013-14はご覧になりましたでしょうか?

World University Rankings 2013-2014

昨年に続き、アメリカのカリフォルニア工科大学が首位。

上位10位までアメリカ(7校)とイギリス(3校)が2分。

ちなみに上位200位までとなると、アメリカの大学が77校、イギリスの大学が31校とのこと。

やはりアメリカとイギリスの大学が強いですね。

日本はというと、上位200位に入った大学は5校。ちなみに韓国は4校。香港が3校。中国は2校。台湾が1校。

この点については、「日本の大学 アジアで首位固め 大学世界ランキング」がわかりやすくまとめています。

今後10年間で世界大学ランキング100位以内に10大学以上をランクインさせると目標を掲げた安倍首相。

今回のランキングで100位以内に入ったのは東京大学(23位)と京都大学(52位)の2校。

目標達成にあと少し?

それともここからが長い道のり?

東京大学が4つランクアップし、アジア最高の座を守り、京都大学も2つランクアップしたことは評価されているようです。

一方で、グローバルな研究ネットワークや教授陣や学生の多様性という点では後れを取っているとの指摘。これは以前から指摘されていることでもあるのですが。

研究・教育環境でのグローバル化を推し進めるにはやはり英語がネックとなっているようです。
続きを読む

Facebookページ開設!

Facebook ページ開設!

http://www.facebook.com/credenjapan

TOEIC などの試験対策はもちろん、英語学習全般に役立つ情報を提供していきます。

ぜひ、チェックして“いいね”をクリックしていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします!

言葉もわからない地域で被災する恐怖…

高木です。

The Japan TimesのHPに外国人の被災者に関する記事がありました。

以下、一部抜粋と日本語訳です。

A lack of good information in foreign languages about the nuclear plant crisis and food-rationing in shelters for evacuees is contributing to the anxiety felt by foreign survivors of last month's catastrophic earthquake and tsunami and their supporters.

food-rationingは「食糧配給」、catastrophicは「破壊的な、悲惨な」の意味。

以下要訳です。

原発危機や避難所での食糧配給について、外国語による情報が不足していることが、先月の破壊的な地震と津波から生存した外国人、および彼らの支持者たちにとって、不安の一因となっている。

Some foreigners in disaster-ravaged areas said they became particularly anxious when they overheard shocking conversations, although they eventually realized that most of what they heard proved to be wrong or utterly groundless.

disaster-ravagedは「災害で破壊された」、utterlyは「全く、完全に」、groundlessは「根拠のない、事実無根の、根も葉もない」の意味。

以下要訳です。

災害で破壊された地域にいる外国人達は、衝撃的な会話を耳にした時、とりわけ不安になると言っていた。
結局聞いたことのほとんどが間違いだったり、全く根も葉もないことだと判明するのだが。


10数年前、全く英語ができない中、留学した時の事を思い出しました。

平常時でも、言葉がわからないという事は大変不安なものです。

それが、こういった非常時に言葉がわからないというのは、恐怖すら感じてらっしゃると思います。

もっと英語や、その他主要な言語での情報を流す必要があるのでは?と強く感じた次第です。

在日バングラディッシュ人とスリランカ人からの温かい支援

高木です。

連日、被災地への支援活動に関するニュースが報じられています。

私の義父母も被災者として避難生活を続けているので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです

今日はJapan TimesのHPに掲載されていた、神奈川県在住のバングラディッシュ人とスリランカ人グループによる被災者支援の活動を紹介します。

以下、一部抜粋とその日本語訳です。

SAGAMIHARA, Kanagawa Pref. — A group of Bangladeshis and Sri Lankans living in Kanagawa Prefecture has been providing warm bowls of Bangladesh curry since Monday to quake and tsunami survivors in Kesennuma, Miyagi Prefecture

神奈川県相模原市に住むバングラディッシュ人とスリランカ人のグループが、先週月曜から宮城県気仙沼市の被災者へ温かいバングラディッシュカレーを提供している。

"Most people only had miso soup as something warm to eat, so we're glad that they were able to eat warm curry," said Suma Sakura, who runs a curry restaurant in the Asakusa district in Taito Ward, Tokyo.

「殆どの人が温かいものは味噌汁しか食べていないので、温かいカレーを食べてもらえてうれしいです」と、東京都台東区の浅草で、カレー専門店を経営するSuma Sakura氏は言った。

"Japan is a good friend to Bangladesh, and Japanese have always supported us when help was in need. And now, I wanted to do my part to support Japanese,” Sakura said.

「日本はバングラディッシュの友好国ですし、日本人はいつも助けが必要な時に、我々を支援してきてくれました。そして今、私は日本人を支援するために、自分の役割を果たしたかった」とSakura氏は言った。

Thursday, March 24, 2011 By SETSUKO KAMIYA Staff writer

こういった海外からの被災者支援のニュースを聞くたびに、日本の「義理人情」みたいなものが外国にもあるんだなぁ・・・と思いつつ、感謝している次第です。

プロフィール

Creden Staffs

Author:Creden Staffs
福島県郡山市に拠点を置くTOEIC/TOEFL/英検対策校
クレデンシャルズの講師陣
企業・大学・専門学校などで
セミナーを開講
E-mail: info@creden.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。